フェアリーテイル 川崎小田園

のびのびと
未来をつくる力を育みたい

本園では、子どもひとりひとりの個性を尊いものとして、「生きる力」を育むために「体育・徳育・知育・食育・共育」をテーマに保育を行っています。そして、目標とする保育のために、安心・安全・清潔を日々心がけ、お子さまを理解するために、保護者の皆様とのコミュニケーションを大切に考え、子どもたちの日々の成長を温かく見守り、育んでいきます。

園長より

安心・安全を基本に
「生きる力」を育む

「生きる力」を育むということは「教える」というより「学ばせる」即ち
「見守る」ということ。大切なのは「生きる術」を身につけさせること。

  • 「体育」ー 前頭前野の80%は3歳までに出来上がると言われ、身体とは別に神経系の成長は12歳までと言われています。より良い成長の為に室内外遊びでからだを動かすことに加え、手作りオモチャ(ひも通し・型入れ)やシールや折り紙などの遊びを通して、指先などの神経にも刺激を与えていくことが「体を育てる」ことと考えます。
  • 「徳育」ー 道徳心を身につけること。
    心を育む相手の気持ちになり、考え、悪い事をしたら謝り、良い事をした時は認め合い、相手も自分も笑顔になる、思いやりの心を育てます。
  • 「知育」ー 知識を身につけること。
    物の用途や、危険性を知り、安全に使用できる力を身につける。その為に「ことばを育てる」ことを大切にし、読み聞かせはもちろん、保育士の日々の声かけが重要であると考えます。
  • 「食育」ー 「思い切り遊ぶことでお腹が空いておいしく食事ができる。」
    「いただきます」「ごちそうさま」のあいさつやマナーを身につけ気持ちよく食事ができる。」「友だちや保育士と、楽しく会話しながら食事ができる環境を整え食べることの楽しさを感じさせる。」など、生涯にわたる食習慣や、食に対する考え方の基礎ができる大切な時期と考え、伝えていきます。
  • 「共育」ー 保育園・保育士は子育てのパートナーです。
    ご家庭と保育園において役割分担または連携をして、共に子どもたちを愛し、大切に育んでいきたいと考えます。

アクセス/お問い合わせ

フェアリーテイル 川崎小田園
神奈川県川崎市川崎区小田4丁目36-14リヴェール小田2階

Google MAP

お問い合わせは、総合窓口へご連絡ください